ご挨拶Greeting

 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 はじめに耳鼻咽喉科という診療科を紹介したいと思います。耳鼻咽喉科は、耳と鼻とのどと比較的狭い領域を担当する診療科と考えられがちですが、実際は頸から上で神経内科や脳神経外科が担当する脳と脊髄、眼科が担当する眼球を除く頭部および頸部の広範囲にわたる領域を担当しています。また、担当する領域が広いということだけではなく、風邪や花粉症、鼻出血、中耳炎、めまいなど、どなたでも一度は経験したことのあるような疾患の診療(プライマリケア)から、聴力改善手術や頭頸部癌の治療などの専門性の高い診療まで大変幅広い診療内容を特徴としています。このような診療内容から、最近では耳鼻咽喉科・頭頸部外科とも呼ばれるようになっています。
 耳鼻咽喉科のもう一つの特徴は、生活の質(QOL)に直接影響する機能を担当していることです。21世紀の日本は世界にも類をみない長寿国となっていますが、高齢期の生活を楽しめなければ長寿も意味がありません。豊かな生活のためには感覚器と運動器の機能、咀嚼・嚥下と音声・言語機能が不可欠です。耳鼻咽喉科では5感と呼ばれる感覚機能のうち、聴く(聴覚)、匂いを嗅ぐ(嗅覚)、味わう(味覚)の3感と、自分の足で歩くためのバランス感覚(平衡覚)を担当し、また美味しいものを噛んで飲み込む咀嚼・嚥下機能と家族や仲間と会話を楽しむための音声・言語機能も診療範囲としています。このように、耳鼻咽喉科はQOLの向上のために大変重要な役割を担う診療科ということができます。

 次に当科の診療の特徴を紹介します。近年の医療技術の進歩はめざましく、各領域、各疾患の診断および治療の技術も専門分化しています。当科では専門分化した耳鼻咽喉科・頭頸部外科疾患全般において最新の医療を提供できるように各専門分野のエキスパートを診療スタッフとして揃えています。また、各疾患に応じて各専門診療科の医師や耳鼻咽喉科内でも看護師、言語聴覚士、臨床心理士と連携した「チーム医療」として対応するのが当科の大きな特色であり、各領域の専門技術を結集して緊張感のある診療を行っています。当科では当院の診療スタッフに加え、30を超える教育関連病院のスタッフを含めた約120名の教室員が一丸となって診療と研究、教育という医療における3つの柱をバランス良く発展させることを心掛け、また地域貢献・社会貢献および国際化にも対応できる最新の医療を目指して日々切磋琢磨しています。