歴 史History

 当耳鼻咽喉科教室は大正9年9月16日(1920)小此木修三講師の赴任に始まりましたが、耳鼻咽喉科の診療開始は大正9年10月15日で、この日が開局記念日とされています。大正13年7月に小此木講師は教授に昇進し、昭和3年札幌の第32回大日本耳鼻咽喉科学会(北海道帝国大学)にて「回帰神経麻痺」という宿題報告を行いました。



 次いで昭和9年7月西端驥一教授が就任しました。西端教授は昭和11年の第40回大日本耳鼻咽喉科学会(京都府立医科大学)で「篩骨蜂巣の診断と治療」と題して宿題報告を行いました。



 昭和23年2月、米国ペンシルバニア、ジェファーソン大学を卒業した小野譲先生が西端教授により講師として招聘され、昭和24年6月に客員教授となりました。当時、日本の気管食道科はドイツ流の操作を踏襲していましたが、小野教授は米国ジャクソン先生の技術を日本中に広めました。昭和24年11月に、小野教授を中心として日本気管食道科学会が創立され、小野教授が初代会長となり、翌年3月、「日本気管食道科学会会報」が創刊されて、現在も隔月に発行されています。



 昭和26年4月医学部北里講堂にて西端教授会長のもと、第13回日本医学会総会の第28分科会として第52回日本耳鼻咽喉科学会総会が行われました。また同時に日本気管食道科学会も北里講堂に隣接する医学部3号館で行われました。昭和32年ワシントンで開催された第6回世界耳鼻咽喉科学会に西端教授は日本代表として出席し、東洋の代表として挨拶を行い、「中耳炎は側頭骨炎なり」として病理に関する講演を行っています。
 昭和36年11月西端教授は名誉教授に、同年12月鈴木安恒助教授が3代目主任教授に昇進しました。鈴木教授は昭和38年の第64回日本耳鼻咽喉科学会総会(大阪大学)において「耳鼻咽喉科領域におけるレイリー現象」と題して宿題報告を担当しました。また、鈴木教授は人材の養成に力を尽くし、医局が崩壊状態の大学も数多くあった混乱期といわれるこの時期に、フランスに10名、独に6名、米国に15名もの留学者を送っています。



 昭和49年4月斉藤成司教授が就任しました。斉藤教授は昭和52年の第78回日本耳鼻咽喉科学会(九州大学)で「発声機構の基礎的研究および喉頭内腔への臨床的アプローチ」と題して宿題報告を行いました。また、昭和57年11月「発声機構の基礎的研究及び音声外科の開発とその臨床応用」で義塾賞を受賞しました。昭和59年日本耳鼻咽喉科学会に専門医制度が発足し、その年の5月に斉藤教授は第85回日本耳鼻咽喉科学会総会会長を務めました。昭和62年斉藤教授は喉頭研究に関する国際的に最高の栄誉であるグールド賞を受賞しました。



 昭和62年4月斉藤成司教授退任後に神崎仁講師が主任教授に就任しました。神崎教授は平成2年の第91回日本耳鼻咽喉科学会(東京慈恵会医科大学)で宿題報告「聴神経腫瘍の外科的治療」を担当し、同年第35回日本聴覚医学会会長を務めました。さらに平成8年の第6回日本耳科学会会長、イタリーのバリでの第25回国際聴覚医学会会長、平成12年の第101回日本耳鼻咽喉科学会総会会長を務め、平成7年から4年間は慶應義塾大学病院長に就任しています。



 平成14年4月、神崎教授の退任後、小川郁講師が6代目主任教授に就任しました。小川教授は平成25年の第114回日本耳鼻咽喉科学会(北海道大学)で宿題報告「聴覚異常感の病態とその中枢性制御」を担当し、平成27年の第116回日本耳鼻咽喉科学会総会会長を務め、現在に至っています。