千葉県Chiba

静岡赤十字病院



新東京病院

 当院は昭和43年に東京外科内科病院として千葉県東葛地区の北松戸で誕生しました。その後、平成3年に病院名を新東京病院と改称し、常磐線松戸駅前に移転増床、以来この地で東葛地域の医療の発展のために尽くしています。現在はセコム(株)系列の病院で、地域の中核病院として機能しています。中でも心臓疾患の医療に関しては常に実績のある人材を揃え日本の心臓医療の発展を支えるような活躍をしてきました。代表的なところでは“バチスタ”の手術や胃大網動脈バイパス開発で世界的に有名な須磨久義医師、天皇陛下の手術を執刀された順天堂大学心臓血管外科 天野篤教授、TV出演でもお馴染みの東京ハートセンター 南淵明宏院長等、新東京病院が輩出した著名な人材は枚挙に暇がありません。
 病床数396床の急性期病院で、常勤医師90名、看護部493名、コメディカル204名、事務その他173名、計960名の職員を有し、血管造影室6室、手術室9室、ICU20床、HCU8床、CCU14床の規模を誇ります。新病棟が平成24年12月にオープンし、松戸駅前に外来部門、1.2km離れた松戸市和名ヶ谷に入院・手術機能を担う病棟部門を置き、シャトルバスで連絡しています。
 平成26年4月より耳鼻咽喉科・頭頸部外科が開設され、平成29年4月から常勤医師2名体制となっております。近隣には松戸市立病院がありますが、この東葛地区には耳鼻咽喉科の常勤医師が複数名いる病院が非常に少ないこともあり、症例は非常に多いです。
 外来は2診体制で行っており、一日平均外来患者数は約50名です。慶應義塾大学以外にも杏林大学や防衛医大、東京医科歯科大学からの非常勤医師も外来を担当しており、杏林大学の齋藤康一郎教授は木曜日午後に音声外来や音声手術を担当しています。松延医師にも顧問として外来、手術に携わっています。また、専門外来として、漢方外来、嚥下外来を設けており、特に漢方外来は耳鼻咽喉科所見のみならず東洋医学的な診察も行った上で漢方薬を決定し、従来の医療と東洋医学を融合させた診察をおこなっています。
 手術日は木曜全日と月曜・金曜の半日となっています。特に副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎の手術には力をいれておりますが、すべての手術が施行可能な手術器具が揃っており、最新の手術用顕微鏡・耳手術用ドリル・鼻手術用ドリル・マイクロデブリッダー・ナビゲーションシステム・ウェルダ型喉頭鏡・唾液腺内視鏡・顕微鏡用CO2レーザーが使用可能です。
 東京近郊での立地で、幅広い診療をおこない手術を勉強するには大変良い環境だと考えています。

(平成30年7月 記)