東京都Tokyo

聖母病院 日野市立病院 国立成育医療研究センター 東京医療センター 北里研究所病院 東京都済生会中央病院 永寿総合病院 都立大塚病院 稲城市立病院 共済立川病院 山王病院 杏林大学医学部付属病院 総合東京病院



稲城市立病院

 稲城市立病院は、人口約9万人の稲城市および南多摩地区を主な診療圏とする多摩地区の中核病院です。1946年(昭和21年)9月9日に開設され、現在は290床の入院病床を有し東京都より二次救急医療機関および災害拠点病院に指定されています。
 耳鼻咽喉科診療スタッフは、武井泰彦部長(昭和60年卒)と池真理医師、および非常勤医師3名です。
 外来診療は、午前中は一般外来、午後は予約制の専門外来となっています。専門外来は、月曜日に睡眠時無呼吸外来と補聴器外来、水曜日に難聴・中耳手術外来と補聴器外来を行っています。当科の特色として、耳鼻咽喉科専属の言語聴覚士が補聴器適合(フィッティング)を担当しており、その他、小児難聴の精密検査(聴力検査)、睡眠時無呼吸症候群の精密検査(夜間睡眠検査)とCPAPなどの治療、めまい疾患の診断(精密平衡機能検査やMRI・MRAなどの画像検査)と治療にも力を入れています。
 手術は、中耳(慢性中耳炎・中耳真珠腫など)、鼻腔・副鼻腔(慢性副鼻腔炎など)、口腔・咽頭(慢性扁桃炎、アデノイドなど)、喉頭(声帯ポリープなど)、頸部(耳下腺腫瘍・顎下腺腫瘍・甲状腺腫瘍、気管切開など)など、耳鼻咽喉科領域疾患全般にわたり対応可能です。
 耳鼻咽喉科は救急疾患も多く、急性扁桃炎・鼻出血・めまいなどをはじめ多岐にわたり、緊急入院も多いです。
 悪性腫瘍の治療に関しては、再建を要しない手術や放射線治療は可能ですが、形成外科医師の協力を要する再建手術の必要な症例や特殊な抗がん剤を要する症例は他の専門施設に依頼しています。

(平成30年7月 記)

永寿総合病院

 当院は昭和31年、稲荷町に開院し、平成14年に400床の総合病院として現在の東上野に移転しました。その後当院はすべての部門で拡張を続けています。平成21年には近隣の柳橋病院をリハビリテーション専門の永寿総合病院柳橋分院とし、平成28年3月には近接するビルに永寿総合検診・予防医療センターをオープンしました。平成29年4月より藤井正人、笠木寛美、奥井文子の常勤医師3人体制となっています。
 永寿総合検診・予防医療センターが近隣のビルに完成したため、本院にあった検診センターのスペースに拡張工事が行われ、平成28年6月に耳鼻咽喉科外来診療スペースが新しくなりました。診察室2ブースと、検査室が充実して電子内視鏡などに加えて最新の超音波診断装置が導入されました。
 リハビリテーションや検診施設が充実していることもあり、高齢化社会に向けた最適な医療を目指していることが当院の特徴ですが、耳鼻咽喉科もその一端を担うべく準備を進めています。当院の所在地である台東区および近隣の中核病院として専門性の高い医療を主軸として診療を行っています。この地域では高齢者が多く、当科のニーズが今後さらに増加すると考えられます。
 外来診療については、月曜午後の頭頸部腫瘍外来は予約制ですが、午前外来はすべて一般外来として予約なしで受診可能としています。近隣の診療所から突発性難聴・顔面神経麻痺・扁桃周囲膿瘍など緊急性があり入院が必要な症例の紹介も多く、緊急入院にも対応しております。慶應義塾大学の神崎専任講師による難聴外来では、難聴症例に対し手術適応などを適確に判断し、治療方針を決定しています。
 手術は木曜日および金曜日に行っており、最近ではナビゲーションシステムを導入した鼻内視鏡手術、耳下腺、甲状腺の手術が多くなっています。その他、鼓室形成術や局所麻酔下の耳鼻咽喉科小手術も積極的に行っています。
 当院はJR上野駅に近接し、慶應義塾大学からもアクセスがよいため大学との連携も非常に密に取ることができます。病院の事業拡大に呼応して、今後耳鼻咽喉科も高齢者医療を中心にさらに拡充を目指しています。

(平成30年7月 記)

北里大学北里研究所病院

 北里研究所病院は北里柴三郎先生により明治26年により設立された結核専門病院「土筆ヶ岡養生園」に起源を発し、昭和48年以降は総合病院として診療を充実させてきました。平成11年に現在の病院棟を開設し、病院理念として「心ある医療」を掲げ、臨床(診療・予防)、教育、研究、危機管理を基本方針と定めています。昨年、北里研究所顧問で特別名誉教授の大村智先生がノーベル医学・生理学賞を受賞されたことは記憶に新しいと思います。
 耳鼻咽喉科は常勤医師2名(現在は常勤医師1名+非常勤医師2名)で診療を行っています。外来はすべて1診で、月曜から土曜の午前(第4土曜は休診)、月曜・木曜の午後に行っています。一般外来とともに、補聴器外来(月曜午後)、睡眠時無呼吸外来(火曜午前)、花粉症・アレルギー性鼻炎外来(木曜午後)を専門外来として開設しています。睡眠時無呼吸に関しては学会認定医であることを生かして、PSG入院からCPAP導入・フォロー、手術加療まで行っています。また、アレルギー性鼻炎についても舌下免疫療法、鼻レーザー手術・下甲介切除など全般的な治療を行っています。
 手術に関しては、火曜・水曜の午後の全身麻酔枠で口蓋扁桃摘出術、鼻中隔矯正術、下甲介切除術、内視鏡下鼻副鼻腔手術、耳下腺浅葉切除術などを行っています。
 当院には研究部があり、耳鼻咽喉科関連の薬剤の治験が行われる際には治験医師として治験に参加できるという特色もあります。
 また、隣接する施設として東洋医学総合研究所があり、自費診療で質の高い生薬を用いた漢方診療を行っています。
 周囲の病院と比較して当院はやや小規模ですが、その特徴を生かした診療を行い、地域に貢献していきたいと考えています。

(H28年6月 記)

国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センター 人員 常勤医師4名(フェロー含)

週間スケジュール
月、水、金:午前・午後外来
火、木:午前・午後手術

特色
 当院は小児の高度専門医療センターとしての役割を期待されているため、一般的な小児耳鼻咽喉科疾患のみならず、非常に稀な先天奇形疾患や特殊な治療管理を必要とする上気道呼吸障害、さまざまな合併症を有した難聴児など、対象は広範囲に及んでいます。小児医療の専門科がそろった病院であるからこその対応ができ、いろいろな経験をさせていただけていると思います。小児に特化した診療をさらに学びたいというやる気に満ちたスタッフが各大学から集まり、知識の交換ができているのもactivityを高めている理由だと考えています。
 手術については、2歳未満のアデノイド切除や気管切開なども多く、また近年では内視鏡下の鼓室形成術や喉頭形成術も積極的に行っています。近年では先天性難聴に対する人工内耳埋め込み術や、神経疾患に対する喉頭気管分離術などが増加傾向です。小児の気道疾患は診断や治療に苦慮することも多々あります。
 外来診療に関しては、近隣の紹介や里帰り病院からの紹介なども含め全国から患者さんが受診されます。9時から 17時まで外来診療を行い、その後カンファレンスなどがあるため、極めて多忙な環境ではあります。
 また当科の特色の一つとして、難聴診療の充実のために聾学校などとの定期カンファレンスや聾学校の見学など、他施設との連携が挙げられると思います。

学会活動
 稀な症例が多いということもあり、学会報告、論文作成を積極的に奨励していますその成果としてこの2年間で2編の学会若手学会奨励賞を獲得することができました。当施設としても常勤医師はセンター内研究所と連携して積極的に臨床研究することを推奨しています。当科では、現在難聴の遺伝、母児感染分野や、気管狭窄に対する再生医療、睡眠時無呼吸や扁桃の免疫分野で基礎研究室と共同で臨床研究を行っています。
 小児のNational Centerとして診療にも情報発信にも力をいれています。小児医療に興味がある方はいつでも見学にいらしてください。

(平成28年10月 記)

東京都済生会中央病院

当院の特色
 済生会は1911年(明治44年)に 「生活に困窮して医療を受けられない人々にも救いの手を差しのべるように」 との明治天皇のお言葉(済生勅語)により創設されました。済生会には現在、全国に80の病院がありますが、当院はその中でも2番目に長い歴史をもつ病院で、1915年(大正4年)に三田の地に開院しました。2015年には100周年を迎え、2017年に新病棟がオープンいたしました。
 また当院は病床数535床の地域の中核病院としての役割から、災害拠点病院、救急指定病院、生活保護医療、研修医の教育に特に力を入れています。当然ながら耳鼻咽喉科もその一環としての役割を受け持っています。

当科の特色
 現在常勤医師は4名です。診療および手術はほぼ耳鼻咽喉科すべての範囲に対応出来る体制を整えております。
 特に力を入れている手術の分野は、耳科手術、ナビゲーションを併用した内視鏡下副鼻腔手術、頭頸部手術、低侵襲手術を目的とした顕微鏡下および内視鏡下の喉頭・咽頭手術(LMS、ELPSやTOVS)、内視鏡下頭蓋底手術などがあります。
 毎月一回の合同カンファレンスでは、腫瘍内科や消化器外科、脳外科などと他科の知見を合わせた治療方針の決定を行っております。また、言語聴覚士や検査技師とのミーティングでは、嚥下機能の評価と治療、聴覚障害に対する精密検査から診断・治療、補聴器を含めたリハビリテーションまで一貫したフォローを行っております。
 専門外来は、補聴器外来、頭頸部腫瘍外来があります。
 当院では内科的合併症をお持ちの患者さんが数多く受診されることが特色でもあります。必然的に他科との連携の機会が非常に多く、耳鼻咽喉科以外の疾患を考えながら対応をするといった総合力が必要となりますので、若手医師にとって経験を積む上でプラスになる要素ではないかと考えています。

(平成30年6月 記)

聖母病院

 人員:常勤医師1名、非常勤医師2-4名。慶應義塾大学の大石直樹専任講師や杏林大の齋藤康一郎教授が週1回外来を担当しています。齊藤秀行医師(慶應義塾大学元専任講師)が月1回、そのほか慶應義塾大学の助教が週1〜2回外来を担当しています。

 週間スケジュール:午前中は一般外来。火曜日、木曜日の午後に音声専門外来を行なっています。月曜日、水曜日の午後が手術日で、その他外来手術を随時行っています。

 手術内容:耳鼻咽喉科良性疾患、特にラリンゴマイクロサージャリーや内視鏡的鼻副鼻腔手術が多いです。頸部手術や耳科手術なども非常勤医師の協力を得て行っています。多くは短期入院手術です。

 特徴:喉頭ストロボスコープを用いた声帯振動の検査や発声機能検査、音響分析、および言語聴覚士による音声治療や嚥下訓練を行っているのが特徴です。慶應義塾大学の喉頭音声研究班出身の医師と随時症例カンファレンスを行い、また、杏林大学喉頭研究班との関わりも深いです。その他、医師、看護師、言語聴覚士、理学療法士、管理栄養士、歯科衛生士、非常勤歯科医師からなる院内摂食嚥下チームを立ち上げ、週二回の言語聴覚士との嚥下ミーティング、月一回のチーム全員での嚥下カンファレンスを実施しています。

 地域医療との関わり:入院、手術症例の多くは新宿区、中野区、豊島区、練馬区等の近隣の診療所からの紹介です。都内の医師会、耳鼻咽喉科医会、歯科医師会、在宅医療の会等での講演活動も行っています。

 当院は昭和6年開院の慶應義塾大学病院と同じ新宿区内の病院です。当教室の関連病院の中では大学に最も近い施設の一つです。病院としては周産期医療が有名ですが、内科、外科など一通りの科がある総合病院です。日本耳鼻咽喉科学会、日本気管食道科学会の専門医研修認定施設です。診療所では対応が難しいが、大学病院などでの集学的治療などは必ずしも要しない症例が主な診療対象になります。

(平成30年7月 記)

都立大塚病院

都立大塚病院 都立大塚病院
当院の特色
 当院は、昭和62年に前身である東京市立大塚病院(昭和4年開設)から改築される形で、高度専門医療を提供する都立総合病院として開設されました。現在当院は豊島区の中核病院として二次救急までの受け入れを行っており、500床を有しています。
 最重点医療は総合周産期母子医療・小児医療で、その象徴として病院の前庭には母子像が設置されています。超低出生体重児の入院数も多く、新生児・小児の症例が多いのも特徴です。
 勤務環境としては、女性医師の比率が非常に高く、院内に保育所も有しており子育て世代の女性医師もキャリアを中断することなく勤務を行っております。

当科の診療体制・特色
 当科は日本耳鼻咽喉科学会および気管食道科学会の専門医研修認定施設です。診療体制は、常勤医師2名(医長1名、医員1名)、非常勤医師は慶應義塾大学病院の協力も含め6名、臨床検査技師2名で、外来診療は月曜日から金曜日の2診体制で行っています。
 耳鼻咽喉科一般診療の他、専門外来として月・金曜日午後に睡眠時無呼吸外来、水曜日午後に小児耳鼻咽喉科外来、木曜日午後に補聴器外来を行っています。また、医長が高所医学を得意としており、高所医学研究、高所順応トレーニング、高所登山などに関しての相談も可能です。当院が重点を置く小児医療の一環として、3歳児検診での難聴スクリーニング、小児の睡眠時無呼吸症候群検査なども積極的に行っております。
 手術(全身麻酔、局所麻酔)は、火曜日・木曜日に中央手術室で行っています。耳科手術(鼓室形成術など)、鼓膜チューブ挿入術、ESS(内視鏡下鼻副鼻腔手術)、LMS(喉頭微細手術)、扁桃摘出術・アデノイド切除術、小児の気管切開術などを行っています。鼓膜形成術、先天性耳瘻孔手術、CO2レーザーによる下甲介粘膜焼灼術、鼻茸切除術など日帰り手術(day surgery)も積極的に行っています。

(平成30年7月 記)

東京医療センター


人員
臨床研究センター聴覚平衡覚研究部
 部長 松永達雄
東京医療センター耳鼻咽喉科
 医長 南修司郎
 医員 伊藤文展、小島敬史、山本修子
 レジデント 3人

週間スケジュール
月 :手術日(全日2列)、術後回診
火 :病棟回診(午前8時15分~)
   腫瘍カンファレンス(午後4時00分~)
水 :手術日(全日2列)、術後回診
   手術カンファレンス(午後4時00分~)
木 :病棟回診(午前8時15分~)
   病棟カンファレンス(午後1時30分~)
金 :手術日(全日1列)、術後回診
   抄読会予演会(午後4時00分~)

教育カリキュラムや教育方針
 「東京医療センター耳鼻咽喉科 後期臨床研修プログラム」に則って指導しています。
 当院の耳鼻咽喉科では25名前後の入院患者がおり、手術は週に10件程度を行っています。 基本的な手術はレジデントが主体となり、上級医の医師の指導の下に行います。頭頸部悪性腫瘍の切除・再建術(主に月曜)や、人工内耳(金曜)などの手術も積極的に行っております。 積極性・責任感・熱意のある医師には、どんどん症例を受け持ってもらう教育方針です。

東京医療センター耳鼻咽喉科の特色
・スタッフの人数が多く、各専門分野におけるレベルの高い診療が行われている。
・緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、薬剤部、ST(言語聴覚士)など多職種によるチーム医療を積極的に行っている。
・頭頸部癌症例が多く、放射線科、形成外科、口腔外科などと共にチーム医療を行い、機能温存を目指した集学的治療を実践している。
・補聴器、人工内耳症例が多い。
・めまいリハビリを積極的に行っている。
・学会発表、論文執筆を積極的に行っている。
・平成16年10月に臨床研究センターが発足し、遺伝性難聴に関する研究が行われている。
・文科省科学研究費補助金など競争的資金を数多く獲得している。
・頭頸部がん専門医制度の指定研修施設である。
・労働基準法を遵守している。

(平成30年6月 記)

日野市立病院

 当院は約300床を有する多摩地区の中核病院です。
 耳鼻咽喉科は、地域医療の拠点として近隣の経験豊富な診療所の先生方と連携を密に診療に当たっています。具体的には、精密検査、手術(一般耳鼻咽喉科領域に加えて特に耳科領域に力を入れています)、入院を要する急性期疾患の対応、救急患者の受け入れを積極的に行っています。
 当科の特色として、特に耳科聴覚領域で充実した診療を行っていることが挙げられます。都内でも少ない難聴耳鳴外来を行っており、また、当科専属の言語聴覚士と協力し補聴器外来の充実も図っています。耳科手術(鼓室形成術)も積極的に行っており、聴力の改善に積極的に取り組んでいます。近年普及してきた、耳内視鏡手術も導入しています。感覚器に特化した診療科・機能外科として、QOLの向上に寄与出来るよう心がけています。
 診療と共に、医師としてのスキルアップには臨床に即した実地的なデータの集積や研究も大切であると考え、国内外の学会発表、論文作成も積極的に行っています。
 300床という規模の利点として、他科との連携が取りやすいことが挙げられます。検査室などコメディカルスタッフとの連携もとりやすく、診療体制の構築に関して自由度が高く働きやすい環境です。外来や入院、手術患者に関する相談、情報共有、治療方針の決定が迅速に行える環境も常勤医師2名の体制ならではの利点と考えています。
 耳鼻咽喉科における外来、診察、手技、手術の基本的な部分を構築する上で十分な症例数と中規模病院の特色を活かせる恵まれた環境があります。その上で、自分の専門領域に関して他科・コメディカルスタッフの協力を得ながらスキルアップしていくことができる病院であり、向上心を持って研修すれば必ず有意義な研修になると思います。

<週間スケジュール>
 外来は、月曜日から金曜日まで、午前中は2診体制で診療を行っています。手術日の外来は慶應義塾大学耳鼻咽喉科教室の非常勤医師が担当しています。手術日は週2日(火、金)一日枠があります。午前は1名で対応可能な手術を行い、午後は常勤医師2名での対応を要する手術を中心に行っています。
 手術日以外の午後は専門外来(難聴耳鳴外来、補聴器外来、術前術後外来)を行っています。

(H30年6月記)

共済立川病院

 共済立川病院の歴史は古く、昭和18年に東京第二陸軍共済病院として創設され、昭和33年に「国家公務員共済組合連合会(KKR)」立川病院」に名称変更されました。総病床数は450床、耳鼻咽喉科の病床数は17床です。平成29年7月に新棟に移転したばかりであり、最新の設備での研修が行えます。
 当院が所在する立川市は西東京・多摩地区の中心都市ですが、それに比較して耳鼻咽喉科全般の疾患を扱う病院が周辺に少なく、立川市では耳鼻咽喉科常勤医師がいるのは当院のみで周辺の国立市、国分寺市、昭島市、武蔵村山市、福生市、東大和市には耳鼻咽喉科常勤医師は不在です。そのため当院への紹介患者数は非常に多く、現在当科では1か月あたり140~200例に昇る紹介患者を受け入れており、平成27年度から外来業務を完全紹介制に移行しました。よって当科での研修は、鼻処置・耳処置などの一般外来的な業務は最小限に抑え、近隣の診療所から依頼された精密検査、手術、入院業務が中心となります。
 当院には放射線科診断部、放射線科治療部、小児科、消化器外科、呼吸器外科、形成外科、口腔外科など耳鼻咽喉科に深く関連する診療科が揃っており、かつすべての診療科が慶應義塾大学の関連施設であることもあって、他科ときわめて綿密に連携した診療が行えます。診療体制は、平成26年度から4名体制に増員され(5名まで増員可)、平成30年度は指導医1名、専門医1名、専修医2名体制です。その他、杏林大学などからの非常勤医師も含めて外来診療を行い、口腔・咽喉頭・頭頸部悪性良性腫瘍、鼻副鼻腔疾患、急性感染症など耳鼻咽喉科疾患全般を扱っています。喉頭音声が専門である富永医師の赴任に伴い、今後は音声改善手術や嚥下改善手術なども増えていくと思われます。耳科手術は前部長の佐藤靖夫医師や稲垣洋三医師(日野市立病院)と共に行っています。また開口器付口腔咽喉頭直達鏡(佐藤式彎曲型)を用いたELPS(内視鏡下咽喉頭手術)も前部長の佐藤靖夫医師と共に行っております。
 日本耳鼻咽喉科学会の認定施設であり、耳鼻咽喉科専門医認定のためのカリキュラムが受けられます。

週間スケジュール
 外来は、月曜日から金曜日および、土曜日は第2第4土曜日に行っています。手術日は月曜日午前午後、水曜日午後、木曜日午前午後に行っています。
 月曜日午後は手術カンファレンス、木曜日午後は入院患者カンファレンス、隔週で金曜日午後に病棟カンファレンス、火曜日午後に放射線カンファレンスを行っております。

(平成30年7月 記)

山王病院

当院の特色
 港区赤坂に立地し、病室75床が全室個室の当院は、政財界の要人や芸能人、外国人の利用も多く、しばしば「特殊な病院」と言われます。「山王メディカルクラブ」会員の優先診療や、「有料予約制」なども当院の特色です。しかし受診者の大半は近隣の会社員や地域住民で、外来では通常の保険診療を行っています。
 外国人患者さんが多いことは英語力の向上・維持に大いに役立ちます。近年は中国系メディカルツーリズムの患者さんも来院され、医療界の潮流の最先端を肌で感じられます。

当科の特徴
 医師数は常勤医師3名、非常勤医師1名の計4名で、1名を除き慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室の教室員または同窓です。これまで在職中に学位を取得した医師や専門医試験に合格した医師が複数います。
 常勤医師の週間スケジュールは、週1日が手術日で、残りの週3-4日が外来担当日です。病室が個室しかない、都心は忙しい患者さんが多いなどの理由で、 診療は「外来でできることは外来で」という方針を取っています。手術もなるべく外来日帰り局所麻酔で対応しており、 内視鏡下鼻副鼻腔手術の多くを外来日帰り局所麻酔手術として施行しています。
 なお当科は国際医療福祉大学耳鼻咽喉・頭頸科専門研修プログラムにも参加しています。

(平成30年7月 記)

杏林大学医学部付属病院

総合東京病院

総合東京病院 総合東京病院
 当院は昭和33年に「慈生会病院」として中野区江古田で開院し、その後平成22年より運営母体が医療法人財団健貢会にかわり、病院名を「総合東京病院」と改称しました。『すべては患者さんのために』を院是とし、開院以来地域の中核的医療機関としての役割を担っています。
 平成22年から30年にかけて新棟を2棟増設し、総病床数は250床から451床に拡大しました。病院規模の拡大に伴い、脳卒中センター、心臓血管センター、リハビリテーションセンターなどの高度な専門性の高い治療センターを有する。急性期疾患から慢性期リハビリテーションまでの医療を提供できる総合病院となりました。
 耳鼻咽喉科は平成30年4月より常勤医師1名(医長)、非常勤医師数名体制となり、新百合ヶ丘総合病院や近隣の聖母病院、慶應義塾大学病院の医師と連携を取りながら診療にあたっています。常勤医師のスケジュールは、週1回火曜日を手術日とし、その他の日は外来を中心に診療しています。一般外来に加えて、補聴器外来、甲状腺外来といった専門外来も行っています。
 地元に根差した病院の性質上、来院される患者は地域の高齢者が中心となりますが、近隣施設と連携し難聴耳鳴治療、補聴器外来、嚥下機能評価(嚥下造影検査の導入)などを積極的に行っています。耳鼻咽喉科では救急疾患も多く、急性扁桃炎、鼻出血、めまいなどをはじめ疾患は多岐にわたり、緊急入院にも対応しています。また、耳鼻咽喉科と関係の深い脳神経外科・眼科・口腔外科・形成外科・皮膚科・小児科(外来のみ)が常勤体制をとっており、相互に連携を取りながら診療が可能です。
 手術に関しては、現時点では口腔・咽頭手術(扁桃手術・アデノイド手術など)、耳科手術(慢性中耳炎・中耳真珠種など)、鼻副鼻腔手術(慢性副鼻腔炎など)、頭頸部の小手術を中心に行っておりますが、今後の人員の変化に合わせて手術体制の拡張ができるように準備を進めています。
 現状では当科は専門医研修施設の認可は受けていませんが、新専門医制度の動向に併せて適切な対応をしていきたいと考えております。

(平成30年6月 記)